ファッション

「リップスター」に新ライン NYブルックリン風カジュアルを提案

 ジャヴァコーポレーション(JAVA CORPORATION)の「リップスター(LIPSTAR)」は2017-18年秋冬、新ライン“ウィルフル バイ リップスター(WILLFUL BY LIPSTAR、以下ウィルフル)”をスタートする。

 従来の「リップスター」はLAカジュアルでターゲットを28歳に設定しているが、“ウィルフル”ではニューヨークのブルックリンをイメージした都会的なモードカジュアルで、ターゲットを28~34歳に引き上げている。赤をキーカラーに、パンプスやデニムに合わせたコーディネートを提案。キレイ見えしながら、カジュアルにも着こなせるブラウスやアウターなど、シーンレスやシーズンレスを意識した商品構成が特徴だ。ライン名の“ウィルフル”は英語の“わがまま”や“自由な”を意味する言葉に由来する。

 価格帯はワンピースが1万3000~1万7000円、アウターが1万2000~3万5000円、シャツ・ブラウスが7900~1万円、カットソーが4900~8900円、ボトムスが8900~1万6000円など。

 9月上旬には、大丸梅田店で“ウィルフル”の期間限定店をオープン予定。9月中旬からは「リップスター」の既存店で販売を開始する。

[related post="356218" title='「ビアッジョブルー」が新ライン “フォーマル見えする日常着”を提案']

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら