ニュース

佐賀県が初の本格コスメイベント開催

 佐賀県を化粧品産業の集積地にするべく活動を推進するジャパン・コスメティックセンター(JCC)は5月6~7日、初となる本格的なビューティ&マルシェイベント「ハナ マルシェ(HANA MARCHE)」を佐賀県唐津市で開催する。期間中はオーガニックコスメやナチュラルフードの販売や早坂香須子メイクアップアーティストや蛯原英理・日本チャイルドボディケア協会代表などによるトークショーなども行う。

 初日は、ジャパン・コスメティックセンターが協力して栽培したミカンの花摘みイベントを実施。2日目は化粧品作りなどのワークショップやオーガニックコスメやナチュラルフードの販売、トークショーなどを実施する。

 ジャパン・コスメティックセンターは2013年に設立。フランスのコスメティックバレー協会と連携し、佐賀県と唐津市、化粧品メーカーや研究機関、大学などで組織する。現在は、無農薬栽培による植物の原料供給や生産拠点として存在感を強めている。16年には「ネロリラ ボタニカ」や「アムリターラ」が同地域の植物、果実の成分を配合した商品を展開している。これまでの取り組みの成果を披露する場として、「ハナ マルシェ」を開催する。

■ハナ マルシェ
日程:2017年5月6~7日
場所:大手口センタービル3階
住所:佐賀県唐津市南城内1-1

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら