ファッション

ジュエリーの「シハラ」がリブランディング ポップアップも

 ジュエリーブランドの「シハラ(SHIHARA)」はブランド設立7年を迎えた今春、リブランディングする。ブランドフィロソフィーは変えず、アイテム以外でもブランドの世界観を確立する。アートディレクターにアーティストデュオ「ネルホル(Nerhol)」で活動する田中義久を起用し、ロゴやボックスデザインをリニューアル。東京・神宮前の直営店「YUI BOX」の名称を「SHIHARA Lab」に変更し、店内の雰囲気も一新させる。

 また、阪急うめだ本店で3月29日〜4月4日に、伊勢丹新宿本店本館1階で4月5〜11日にポップアップストアをオープンし、フルラインアップを取りそろえる。4月15日からは直営店で14thコレクションを販売。同コレクションは、軸を起点に稼働するリング“UNFOLD”(ダイヤモンド無し9万5000円〜、ダイヤモンド入り49万5000円)や、シンプルな線にダイヤが埋め込まれたピアス“DIAMOND POST”(5万3000〜7万8000円)など。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら