ファッション

バッグメーカーのバルコスが「ハナアフ」でタイ進出

 鳥取県に本社を置くバッグメーカーのバルコス(BARCOS)は今春、オリジナルブランド「ハナアフ(HANAA-FU)」でタイに進出する。現地のアパレル大手であるLME社と店舗運営で提携する。4月5日にバンコクの大型商業施設、サイアム・ディスカバリーに1号店の開き、2017年上半期中に約5店を出店する計画だ。初年度は売上高1億円を目指す。

 バルコスは1991年に設立。2007年、“フューチャリスティック=ハンドバッグを科学する”をコンセプトに「ハナアフ」をスタートした。同ブランドのアイコンとなっているのは、折り紙からインスピレーションを得た6通りに変形できるバッグ“アリエス(ARIES)”。新宿マルイ本館や有楽町マルイに直営店を構える他、韓国の新世界百貨店やマレーシアのイセタン ザ ジャパンストア クアラルンプールなどで取り扱われている。

 LME社は、オリジナルのカジュアルウエアブランドは中心に、タイ国内で約800の店舗を展開する総合アパレルメーカー。「ヴォンダッチ(VON DUTCH)」の東南アジアにおけるライセンスアパレルを手掛ける他、「オニツカタイガー(ONITSUKA TIGER)」や「ハロッズ(HARRODS)」のタイ国内での販売も行っている。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら