ファッション

プランタン跡地の「マロニエゲート銀座2&3」、売り上げ目標は165億円

 昨年末で営業を終了したプランタン銀座(以下、プランタン)の跡地に3月15日にオープンする新商業施設「マロニエゲート銀座2&3」を14日、関係者に公開した。プランタンは25~35歳の働く女性をメーンターゲットにしていたが、マロニエゲートではその年齢層を20~40代に広げると共に、“おしゃれママ”に向けた提案を強化する。ターゲット層を広げることで、若い頃にプランタンに通っていた客や、可処分所得が高い家族連れの来店を促すのが狙いだ。テナントリーシングと自主編集売り場の面積比は9対1で、プランタン時代と正反対の割合になる。年間売り上げ目標は165億円。来館者数は565万人を目指す。

 プランタン時代から人気の高かったファッション雑貨売り場をさらに拡充し、アパレルとの比率をほぼ同等にする。1階の自主編集売場“ファッションスパイス”は継続し、各売り場でも銀座初のバッグブランド「ラドリー ロンドン(RADLEY LONDON)」や「イアンヌ(IANNE)」などが出店する。また、プランタンではスイーツ売り場として女性の支持を得ていた地下2階を“美と健康のフロア”として一新。「アシックス( ASICS)」初のウィメンズ専門店「アシックス ウィメン(ASICS WOMEN)」や、銀座初出店の「ダンスキン」などのスポーツブランドと並び、サプリメントの「ヘルシーワン」やサラダボウル専門店の「ウィズグリーン」、ヘルシーな定食を提供する「sakura食堂」などが出店する。これまで6階の1フロアで展開していた「ニトリ」は5・6階の2フロアに増床する。デジタルディスプレイと生花を組み合わせた正面口の花時計や、SNS投稿用のフォトスポットなど、来るだけで楽しめる館づくりにも注力する。デジタルポイントカードや営業時間、館内サインなど「マロニエゲート1」との連携も強化する。木村透マロニエゲート社長は「新しいチャレンジやトレンドを生み出し続けたプランタンのDNAを引き継ぎ、失敗を恐れずにチャレンジ精神で新しい取り組みをどんどん取り入れていきたい」と話した。

【関連記事】
■大晦日に涙の閉店、プランタン銀座が32年の営業に幕
■プランタン銀座跡地のマロニエゲート銀座2&3の全貌明らかに
■三越伊勢丹がプランタン銀座の株式を売却

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら