ニュース

「バーバリー ビューティ ボックス」ルミネ横浜店の前に行列

 「バーバリー(BURBERRY)」のコスメティックストア「バーバリー ビューティ ボックス」の国内4店舗目が3月1日、ルミネ横浜店にオープンした。

 オープン当日は、メイクアップアーティストによるタッチアップサービスを行った他、オープン記念の限定セット「バーバリー ビューティ ボックス」を用意。「フレッシュグロウ ルミナイドフルイドベース」(5mL)、「ライトグロウ PF 02」(特製サイズ)、「リップベルベット 421」(1g)、ブラシ(非売品)のセット(4600円)は絶好調の売れ行きだった。また、店頭ディスプレーには人気の「リキッド リップベルベット」を展示。周囲には常に多くのお客が集まり、ブランド認知の入り口としての役割を果たしていた。

 同日は、店舗の前に常に15~20人の行列ができていたほどの盛況。渡辺貴徳・資生堂ジャパン プレステージブランド事業本部 戦略ブランド営業本部 営業統括部長は「予想していた初日の集客を、大きく上回るお客さまが来店してくれた。店舗の外面をガラス貼りにして明るさやフレッシュ感を打ち出したことも奏功し、狙い通りに若年層のお客さまも多く集客できた。ブランドの特徴として、ギフト目的に購入されるケースも多いので、ルミネ横浜店でも積極的にギフト提案を行っていきたい」と話した。

【関連記事】
■ルミネ横浜に「バーバリー ビューティ ボックス」
■ジュード・ロウの娘が「バーバリー ビューティ」の顔に
■「バーバリー ビューティ ボックス」初のホームコレクション

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら