ファッション

伊勢丹TOKYO解放区5周年 40ブランドのアイテムを発売

 伊勢丹新宿本店は3月1日~14日まで、TOKYO解放区の5周年記念イベントを開催している。TOKYO解放区は2013年3月に「世界最高のファッションミュージアム」をコンセプトにリモデルし、さまざまなクリエーターやブランドとのコラボ企画を行ってきた。今回のイベントではこれまでにTOKYO解放区に携わってきた、のべ735のブランドやクリエーターの中から約40ブランドのアイテムが販売される。

 「ドレスキャンプ(DRESSCAMP)」と「ケイタマルヤマ(KEITA MARUYAMA)」のコラボドレス(13万円)やデニムスカート(6万9000円)をはじめとするコラボ商品も多い。寺澤真理・三越伊勢丹婦人・子供統括部バイヤーは、「TOKYO解放区の原点に立ち返り、ファッションの楽しさやクリエイションのすばらしさを改めて伝えたかった。今回は人と人のつながりをクローズアップし、コラボレーションや、作り手の思いが伝わるような商品をそろえた」と話す。各商品にはデザイナー自身を写したチェキやメッセージカードなどがおまけとして付いている。3月3日(ひなまつり)、9日(サンキューデー)、14日(ホワイトデー)には、TOKYO解放区にゆかりのあるデザイナーらも来店する予定だ。

【関連記事】
■パルコ×三越伊勢丹 20年後の東京ファッションを表現
■「タラレバ娘」×伊勢丹新宿 「ミュベール」とコラボしタラ?

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら