ファッション

「ヴァレンティノ」「グッチ」「モンクレール」がアイウエアイベント競演

 2017-18年秋冬コレクション・ウィーク中のミラノで、「ヴァレンティノ(VALENTINO)」「グッチ(GUCCI)」「モンクレール(MONCLER)」が、新しいアイウエアのローンチイベントを相次いで行った。世界最大のアイウエアメーカー、ルックスオティカと10年契約を締結した「ヴァレンティノ」は、2月22日、クレリチ宮殿で行った。「ヴァレンティノ ミラージュ」と題した同イベントは、赤を基調としたオブジェが並ぶクラブさながら。ピエールパオロ・ピッチョーリ(Pierpaolo Piccioli)「ヴァレンティノ」クリエイティブ・ディレクター、ステファノ・サッシ(Stefano Sassi)=ヴァレンティノS.p.A最高経営責任者(CEO)が、約450人のゲストとローンチを祝った。

 「グッチ」は、2月23日、新社屋GUCCI HUBを会場に開催。今年からケリング アイウエアのもとで新しいスタートを切る。会場には、アレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)=クリエイティブ・ディレクター、マルコ・ビッザーリ(Marco Bizzarri)社長兼最高経営責任者(CEO)、ロベルト・ヴェドヴォット(Roberto Vedovotto)=ケリング アイウエア最高経営責任者(CEO)らが顔をそろえた。

 そして、マルコリンとライセンス契約を結んだ「モンクレール」は、2月26日、モンテ・ナポレオーネ通りのブティックでカクテルパーティーを行った。来場したジョバンニ・ゾッパス(Giovanni Zoppas)=マルコリン最高経営責任者(CEO)は、「今年のビジネスに大きく寄与するブランドとして期待している」と話した。イタリアの3大メーカー、ルックスオティカ、ケリング アイウエア、マルコリンは、今年のアイウエア業界に大きな影響を与えそうな3社だ。ルックスオティカはフランスの最大手レンズメーカー、エシロールと大型合併を表明。グループ傘下のアイウエア事業の内政化を宣言して設立されたケリング アイウエアは、今年、主力ブランド「グッチ」がサフィロから移管され、いよいよビジネスが本格化する。そして、この動きに影響を受けたのか、LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトンとマルコリンとの合弁会社設立が明るみに出た。3社のブランドビジネスの動向が注目される。

【関連記事】
■LVMHがマルコリンと合弁会社を設立
■「ヴァレンティノ」が伊最大手とアイウエア契約
■ルックスオティカがエシロールと5兆円で合併
■ケリングのアイウエア・ビジネス内政化が本格始動に

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら