フォーカス

デキる女は○○を着ている! プロが指南する女性の仕事服

 小池百合子・東京都知事やテリーザ・メイ英首相、ヒラリー・クリントン米大統領選民主党候補ら女性リーダーが活躍した2016年、イメージ戦略としてのファッションに注目が集まった。日本でも女性管理職の比率も伸びる中、今後ますます女性リーダーが増えることが予想されるが、彼女たちはどのようなファッションで現場に立つべきなのか。働く女性に向けたファッション・ビューティーのコンサルティングで2300人以上を担当してきた池上里恵=ビューティコンサルティング凛・社長に聞いた。

WWDジャパン(以下WWD):どのようなサービスを提供している?

池上里恵・社長(以下、池上社長):主にキャリアに有効なイメージチェンジを求めて訪れる女性に対して、顔立ちや骨格、パーソナルカラー診断の結果から導き出した最適なスタイリングやヘアメイクを提案しています。少人数制の参加型授業をはじめ、一対一でヘアメイクからワードローブの組み立て方、身に着ける色で印象を変えるカラー戦略まで、顧客が自分一人で実行できるようなレッスンを行いつつ、ショッピングへの同行や電話でのアドバイスも含む40時間の総合コンサルサービスも実施しています。

WWD:顧客層は?彼女たちがアドバイスを求めるきっかけは?

池上社長:35~50代女性が中心で、起業家や経営者、管理職に就いている方も多いですね。職種やコンサルサービスを受けるきっかけはさまざまですが、自身が身に着けるものや職場でのふるまい方を改める必要性を感じるきっかけには、昇進や産休・育休後の復職が多いようです。また、「責任のある仕事や部下も増えた今、どのようなファッションが上司としてふさわしいか」「大勢の前で発表しなければないが、何を着たら良いのか」など、リーダーならではの悩みを相談される方もいます。

WWD:この仕事に就いたきっかけは?

池上社長:もともとは銀行員でした。結婚式で初めてプロのヘアメイクサービスを受けたときに、「ちょっとしたコツでこんなにも印象が変わるものなのか」と驚いたことがきっかけで、27歳の時にヘアメイクの世界に飛び込みました。小さい時から長年の外見コンプレックスがあったので、やはりこれしかない!!という感じでしたね(笑)。まずはブライダルヘアメイクとして500組以上を担当する中で、メイクの映え方が人によって違うことに興味が生まれ、一人一人に合ったスタイルをパーソナルカラーや骨格診断から論理的に導き出すメソッドを勉強しました。その後も美容師免許を取るなど、仕事をしながら技術の幅を広げていきました。