フォーカス

エースホテルも選んだ「THE NEW ORDER」「her.」編集長に直撃

 2009年に創刊したニュージーランド発のファッション誌「ザ ニューオーダー マガジン(THE NEW ORDER MAGAZINE)」(ノイズメディア)は今春、16号を迎えた。同誌を扱うエースホテル(ACE HOTEL)やコレット(COLETTE)、ドーバーストリートマーケット(DOVER STREET MARKET)などに、藤原ヒロシや中村ヒロキ「ビズビム(VISVIM)」デザイナー、高橋盾「アンダーカバー(UNDERCOVER)」デザイナーら、表紙を飾った日本人クリエイターの顔が並ぶことも少なくない。手掛けるのは、編集から取材、スタイリング、撮影までを担うニュージーランド出身のジェームズ・オリバー(JAMES OLIVER)だ。元プロサッカー選手という異色の経歴を持つ彼が、日本に拠点を移し、ファッション誌を作り続ける理由とは? キャリアを追った。

WWDジャパン(以下、WWD):来日する前のニュージーランド時代の話から聞かせてください。

ジェームズ・オリバー(以下、ジェームズ):ニュージーランドで生まれて、17歳でサッカーのクラブチームと契約したんだ。でも怪我してしまって、プロとして活動していたのは21歳まで。その後はコーチをやったりしながら、2003年に兄が立ち上げた「スラム・エックス・ハイプ(SLAM X HYPE)」っていうファッションウェブマガジンを手伝っていた。06年頃からだよ。

WWD:サッカー選手とファッションエディターだとフィールドも異なるが。

ジェームズ:サッカー選手って本当はプレゼンテーションが大事なはずなんだけど、みんな一緒でダサいよね。僕は12歳でスケボーを始めて、その頃ファッションに興味を持った。ニュージーランドは、アメリカとイギリスからの影響が強いんだけど、日本の「ヒュージ(HUGE)」も読んでいたよ。当時、スケボーをやっていた友達はみんな「DC SHOES」を履いていて、みんな一緒でダサいなって思ってた。僕は「ヴァンズ(VANS)」を履きたかったんだけど、ニュージーランドには売っていなかったから、ネットだったり、取扱い店を探して電話したり。そういえば、サッカーのプロ契約にはバイクに乗っちゃいけないとか、違うスポーツはやっちゃいけないとか制約があるんだ。17歳の時は契約金にビックリしてサインしちゃったけど、本当はスケボーをやりたくて…。プロになって最初の練習にスケートボードを持って行ったら契約違反で怒られて、罰金を払う羽目になった(笑)。そんな感じでファッションに夢中だったのは覚えているよ。

WWD:来日のきっかけは?

ジェームズ:ニュージーランドがつまらなかったから、25歳からは海外で生活したいと思っていたんだ。周りの友達は2年間のビザが簡単に取れるって理由でみんなロンドンに行くんだよ。だからもちろんロンドンって道もあったし、アメリカも考えたんだけど、アメリカはビザを取るのが難しくて…。何度か日本で子供たちにサッカーを教えたことがあったから日本にも興味があった。07年にワーキングホリデービザをとってFC相模原でセミプロになったんだ。でも1年でまた怪我しちゃって…。まぁ1年ぐらい出来たらいいやって思ってたんだけど、気付いたらもう9年以上いる。今は日本人の女性と結婚して、子どもも2人いるよ。

WWD:「ザ ニューオーダー」の立ち上げ経緯は?

ジェームズ:「スラム・エックス・ハイプ」の時は1日100万PVを獲ったこともあるけど、毎日20~30回更新するウェブのスピードを速過ぎると感じていた。本当は雑誌で表現したかったんだけど紙代や印刷代がかかるから、まずは08年に「スラム・エックス・ハイプ」の中で、オンライン雑誌を作ったんだ。100~150ページで3回作ったんだけど、このボリュームなら紙でも作れると考えた。それで翌年、兄と一緒に雑誌「ザ ニューオーダー」を立ち上げたんだ。兄は3号ぐらいで辞めて、今はフォトグラファーだけど、僕は今の方がハッピーだよ(笑)。2人でやっている時は、意見の違いで一つの事を決めるのにすごく時間がかかっていたからね。今は1人だからすごくスムーズだし、打ち合せの時に「これどう?」って言われて、その場で答えも出せるよ。