ニュース

いいね数で販売量決定 ストライプがインフルエンサーと協業

 ストライプインターナショナルが手掛ける「イーハイフンワールドギャラリー(E HYPHEN WORLD GALLERY以下、イーハイフン)」は、インフルエンサーとのコラボに特化した新レーベル「サーカス(CIRCUS)」を3月5日にローンチする。多様なインフルエンサーを起用することで、新規顧客を開拓する狙い。

 インフルエンサーが「イーハイフン」のターゲット層である10代後半から20代前半の女性に向けて、商品のデザインを担当する。商品が完成したらインフルエンサーが本人のSNSにアップ。そこから24時間の「いいね」数に比例した数量を、全国の「イーハイフン」店舗とEC「ストライプクラブ(STRIPE CLUB)」で販売する。

 インフルエンサーは菅本裕子(ゆうこす)や池田美優(みちょぱ)、加藤ナナ、SAKURA、黒瀧まりあ、ゆら、斎藤みらい、小沼瑞季などを起用する。菅本裕子は2月22〜26日の期間に画像をアップし、3月5日に商品を発売する。商品はワンピース2型(7500円、8000円)とセットアップ(9000円)の全3型をそろえる。他のインフルエンサーの商品は随時発売するが、商品や型数、価格はそれぞれ異なる。

【関連記事】
■吉田沙世&中田みのりの新ブランド設立を支えた影の立役者を直撃
■新卒で”ファッションインフルエンサー”を採用 ベイクルーズ編

あなたにオススメ