ファッション

三浦春馬と吉高由里子の新境地 仕掛け人の鷺森アグリに聞く

 ウィメンズブランド「アグリス(AGRIS)」デザイナーの鷺森アグリが企画の一部をアートディレクションした雑誌「別冊プラスアクト(別冊+act.)」第23号が、1月31日に発売した。俳優の三浦春馬と吉高由里子を起用した各20ページのフォトストーリーと対談を掲載し、鷺森デザイナーが得意とするカットワークを生かしたビジュアルが披露されている。三浦と吉高が二者二様に身体を張った写真姿も話題だ。昨年3月に鷺森デザイナーがブランド名の変更とともにスタートした他業種クリエイターとのコミュニケーションを基盤としたクリエイティブ・プロジェクト「アブックス(abooks)」の一環で、同企画やリブランディング後のコレクションのテーマに掲げる“鳥の求愛”の世界観を表現した。

 発端は昨年4月、「アグリス」を擁するアラウンズ(arounds)が三浦や吉高らの所属する大手芸能事務所アミューズ(AMUSE)の連結子会社である希船工房傘下に加わったことだ。アミューズの執行役員で役者・モデル部門を統括する納富聡・第8マネージメント部担当は「鷺森アグリさんの世界観で役者が新たな顔を見せ、新しい表現が生まれた」と役者とファッション・デザイナーの協業による相乗効果を強調する。鷺森デザイナーと納富執行役員に詳細を聞いた。

WWDジャパン(以下、WWD):今回のプロジェクトの経緯は?

鷺森アグリ「アグリス」デザイナー(以下、鷺森):まず「アグリス」が希船工房傘下に加わるにあたり、納富さんや相馬信之アミューズ常務兼・希船工房・副社長らに私のビジョンをお話する機会を頂きました。ファッション・デザイナーとしてプレタポルテで年2回お洋服を作って売る仕事をベースに活動をしていますが、私が到達したい表現とはまだまだ距離があると思っています。洋服は人に着てもらうことで完結しますが、ファッション・デザイナーは作った後の選択を消費者の方々へ委ねるので、ある意味一線を引いていて最後までを見届けることができない。私が尊敬するアートディレクターで衣装デザイナーとしても有名な石岡瑛子さんのように、洋服作りだけでなく舞台演出からトータルのデザイン、ビジュアルを監修するアートディレクションまで自分のクリエイションを試してみたい。もっと突き詰めたいという想いをお伝えさせて頂きました。

納富聡アミューズ執行役員(以下、納富):希船工房で今回、鷺森さんの「アグリス」や中山路子デザイナーの「ミュベール(MUVEIL)」とご一緒することになり、僕たちエンターテイメントの世界で生きる人間もデザイナーというアーティストが洋服を生む過程に触れる機会を貰いました。鷺森さんのクリエイションには“求愛”というテーマがあり、そのテーマを洋服とは別に書籍や映像でも表現してみたいと聞き、彼女がさまざまな手法で自由にクリエイションする表現を見たかったというのがきっかけです。その表現は役者、モデルやミュージシャンが芝居や音楽でアプローチする事とある意味同じだと感じています。僕たちが普段接している俳優という表現者が鷺森さんの表現の中でどのように生きるかを見てみたいと思ったのです。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら