ファッション

「コーチ」創業者が死去

 マイルズ・カーン(Miles Cahn)「コーチ(COACH)」共同創設者が2月10日、死去した。95歳だった。

 マイルズは妻のリリアン(Lilian)とともに1961年に創設。カーン夫婦は、41年から家族経営のワークショップをマンハッタンでスタートし、当初は6人の革職人がメンズのレザーグッズを製作していた。その後、ウィメンズのバッグを野球グローブに使用する革で製作し始めた。丈夫でありながら、使えば使うほど柔らくなるバッグはすぐにヒットした。61年にはスポーツウエアの先駆者、ボニー・カシン(Bonnie Cashin)をデザイナーとして起用。彼女はサイドポケット付きのバッグやコインケースなど、新商品を多く手掛けた他、明るいカラーバリエーションのバッグをデザインした。85年7月にはコーチをサラ・リー(SARA LEE)社に3000万ドル(約33億円、推定)で売却した。

 なお、妻のリリアンは2013年に89歳で死去した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら