ファッション

新生「ダイアン」、買える価格の楽しいドレスで好発進

 ジョナサン・サンダース(Jonathan Saunders)体制への移行を果たした新生「ダイアン フォン ファステンバーグ(DIANE VON FURSTENBERG)」が2017-18年秋冬と、“すぐ買える”コレクションを発表した。ジョナサンによる新生「ダイアン」を簡潔に表現すれば、キャッチー、エキセントリック、そしてファン。創業者ダイアン・フォン・ファステンバーグ同様のプリントの匠は、マルチカラーのボーダー、ポルカドット(水玉)、ジグザグ、ボタニカル、そしてレオパードなどのモチーフを一着の洋服、1つのスタイルの中で自由奔放にミックス。さらにはプリントした水玉と同じ大きさのスパンコールや、付け替えが楽しめそうなバッグ&チャーム、スカーフなどを「これでもか!」と言わんばかりに組み込むことで、キャッチーなスタイルに導いた。中でも、これまでの「ダイアン」では主力になりきれなかったアクセサリーが大充実。半円形のホーボーショルダーや、円形のクロスボディ、横長のフラップ付きクラッチには、長いフリンジをあしらったストラップや存在感抜群のキーチャームをプラスし、ファッションを素直に、直感的に、スポンテニアスに楽しむ。その気軽なカンジが心地よい。

 気軽に楽しむムードは、創業者がラップドレスを中核として表現し続けたエフォートレスなマインドからも存分に感じることができる。プレゼンテーションで見せたコレクションピースには、いわゆる「ダイアン」らしいラップドレスは存在しない(コマーシャルラインには登場予定という)。代わりにサテンをバイアスに裁ち、アシンメトリーなヘムラインで躍動感を表すキーネックやオフショルダー、着物のような前合わせのドレスをコレクションの根幹に据えた。生地をバイアスに裁つことで生まれたドレープ、その上から羽織ったドルマンスリーブのコート、そして、最後に加えたビッグボリュームのエコファーコートやダウンブルゾン。そのいずれもが「ダイアン」らしいエフォートレスなマインドを強調し、強い色と色、柄と柄の足し算を繰り返したコレクションをリアルに見せる。

 価格は、従来の「ダイアン」から大きく逸脱しないものになるという。ウェブサイトで発売した、アシンメトリーなショルダーにスパンコールをふんだんにとりつけた“ザ・コレクションピース”のドレスも15万円強だった。コマーシャルラインは、いわゆる“コンテンポラリー”の価格帯で落ち着くだろう。頑張れば買える価格帯のドレスとアクセサリーでファッションの楽しさを提供し、多くの女性をファッションの世界にいざなう――。新生「ダイアン」には、ぜひ、今まで以上にそんな役割を自覚してほしい。

【関連記事】
■ラフ・シモンズ、DNAをハイパーミックスの新生「CK」お披露目

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら