ニュース

「レオン」が編集長交代 現編集長はウェブ版の編集長へ

 主婦と生活社が発行する男性誌「レオン(LEON)」は、編集第1部内に「レオン・コンテンツ事業室」を新設する組織改編ならびに人事異動を3月11日付で行う。前田陽一郎・現編集長(47)が「レオン・コンテンツ事業室」の室長に就任し、ウェブ版「レオン」の編集長及びプロデューサーを務める。石井洋・現「レオン」編集長代理(43)が紙媒体の編集長に昇格する。

 新設される「レオン・コンテンツ事業室」は、新ウェブ版「レオン」の開発・運営や海外版権の拡大、「レオン」を核に据えたサテライトマガジンの開発を事業内容とする。ウェブ版は大幅にリニューアルして、6月1日にローンチ予定。オリジナル記事を積極的に配信しつつ、本誌との連携を強化する。海外版権では現在、ライセンスビジネスとして中国版と韓国版を発行している。今後は英語版の発行なども検討し、よりワールドワイドな展開を目指す。サテライトマガジンの開発は、車やゴルフ、時計などの専門誌の企画開発を行う。

【関連記事】
■「レオン」が創刊15周年パーティを大阪で開催
■ハーストがデジタル好調で増収増益 新メディアグループのトップに十河ひろ美が就任
■小学館が6媒体の編集長交代を含む人事異動
■主婦の友社「Sカワイイ!」編集長が交代