ニュース

「ジル・サンダー」、夫婦デザイナーを起用か

 業界筋によると、「ジル・サンダー(JIL SANDER)」はロドルフォ・パルアルンガ(Rodolfo Paglialunga)=クリエイティブ・ディレクターの後任にルーシー(Lucie)とルーク・メイヤー(Luke Meier)夫婦を起用するようだ。ミラノ・ファッション・ウイークで2017-18年秋冬ウィメンズ・コレクションを発表した後、3月に正式に発表されるとみられる。

 ルーシー・メイヤーはセルジュ・ルフィユー(Serge Ruffieux)とともに、ラフ・シモンズ(Raf Simons)がアーティスティック・ディレクターを退任した後の「ディオール(DIOR)」で、マリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)就任までの間、デザインチームを率いた。ルフィユーは「カルヴェン(CARVEN)」の新アーティスティック・ディレクターに就任するというウワサも流れている。一方、ルーク・メイヤーはメンズブランド「OAMC」の共同創設者兼デザイナーだ。業界筋からは、ルーシーが「ジル・サンダー」のオフィスで目撃されるという話や、かつて同ブランドのクリエイティブ・ディレクターを務めていたラフ・シモンズがブランドにルーシーを紹介したという話が出ている。「ジル・サンダー」を傘下に持つオンワードラグジュアリーグループのフランコ・ペネ(Franco Pene)代表からはコメントを得られていない。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら