ビジネス

ロレアルが開発した世界初のスマートヘアブラシとは?

 ロレアル(L'OREAL)のヘアケアブランド「ケラスターゼ(KERASTASE)」は、仏電気機器メーカーのウィジングズ(WITHINGS)と世界初のスマートヘアブラシ“ケラスターゼ ヘア コーチ パワード バイ ウィジングズ(Kerastase Hair Coach Powered By Withings)” を共同開発した。2017年後半から、一部の「ケラスターゼ」店舗および公式サイトで販売し、価格は200ドル(約2万3400円)以下になる予定。

 ヘアブラシはさまざまなセンサーを搭載。毛並みやブラシが毛先にかかる圧力、クシを通した回数や速度などを分析することで枝毛などのダメージを最小限に抑える。さらに、髪が濡れているか乾いているかなども察知することが可能。また、専用アプリ「UX」を使えば、センサーが集積したデータと気温や湿度、紫外線強度などの環境要素と合わせて分析し、髪質を点数で可視化できる他、適したヘアケア製品のアドバイスも得ることができる。

 ロレアルは昨年、美容分野のウエアラブル製品開発をスタート。傘下のスキンケアブランド「ラ ロッシュ ポゼ(LA ROCHE-POSAY)」で紫外線強度を計測するパッチ“マイ UV パッチ(My UV Patch)”をローンチした。極薄のシリコンパッチはセンサーを搭載し、アプリで紫外線強度やダメージ、日焼け止めを塗り直すタイミングなどを調べることが可能だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら