ファッション

イタリア版「ヴォーグ」編集長死去

 長年イタリア版「ヴォーグ」の編集長を務めてきたフランカ・ソッツァーニが12月22日(現地時間)に死去した。66歳だった。

 フランカは1950年、イタリア・マントヴァ生まれ。イタリア版「ヴォーグ」の編集長を実に28年間務め、世界で最も影響力のあるファッション誌の一つに押し上げた。ちょうど息子のフランチェスコ・ソッツァーニが監督したドキュメンタリー映画が完成し、ベネチアの映画祭でプレミア上映されたばかりだった。妹のカルラ・ソッツァーニは、イタリアの有名セレクト「ディエチ コルソ コモ」のディレクターを務めている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら