ビジネス

「小売りの神様」、引退の準備をスタート?

 J.クルーのミラード・“ミッキー”・ドレクスラー会長兼最高経営責任者(CEO)が、CEOの座を譲ろうとしているようだ。会長職にはとどまり、加えてドレクスラー会長兼CEOは同社の株式10%を保有しているため、業界をすぐに去ることはなさそうだが、「小売りの神様」にとって大きな転換期になることは間違いない。広報は「後継者探しは、どの会社にとっても一大事。慎重に進めていく。現段階でお話しできることは何もない」とコメントしている。

 ドレクスラー会長兼CEOは、1980~90年代に「ギャップ」を一大ブランドに成長させ、「オールドネイビー」を立ち上げた。その後は、旧態依然のカタログ通販がメインだった「J.クルー」を人気のプレッピーブランドに成長させた。ところが近年、「J.クルー」は不調が鮮明でしばしば営業赤字を計上。ブライダル事業からの撤退や「ニューバランス」とコラボレーションしたスポーツウエアラインのスタート、カジュアル主体の姉妹ブランド「メイドウェル」のノードストロムへの卸などで再起を図っている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら