ビジネス

「小売りの神様」、引退の準備をスタート?

 J.クルーのミラード・“ミッキー”・ドレクスラー会長兼最高経営責任者(CEO)が、CEOの座を譲ろうとしているようだ。会長職にはとどまり、加えてドレクスラー会長兼CEOは同社の株式10%を保有しているため、業界をすぐに去ることはなさそうだが、「小売りの神様」にとって大きな転換期になることは間違いない。広報は「後継者探しは、どの会社にとっても一大事。慎重に進めていく。現段階でお話しできることは何もない」とコメントしている。

 ドレクスラー会長兼CEOは、1980~90年代に「ギャップ」を一大ブランドに成長させ、「オールドネイビー」を立ち上げた。その後は、旧態依然のカタログ通販がメインだった「J.クルー」を人気のプレッピーブランドに成長させた。ところが近年、「J.クルー」は不調が鮮明でしばしば営業赤字を計上。ブライダル事業からの撤退や「ニューバランス」とコラボレーションしたスポーツウエアラインのスタート、カジュアル主体の姉妹ブランド「メイドウェル」のノードストロムへの卸などで再起を図っている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。