ファッション

「レオン」が創刊15周年パーティを大阪で開催

 雑誌「レオン」(主婦と生活社)が12月1日、創刊15周年を記念したパーティ「サロン ド レオン」を大阪で開催した。誌面とウェブサイトで募集した75組150人の読者を招待。“ドレスアップ”をドレスコードに設定し、男性客はタキシードやブラックスーツ、女性客は華やかなイブニングドレス姿で華を添えた。会場や詳細は当日までシークレット。「大阪城港に集合」とだけ書かれたインビテーションを頼りに集まった招待客は、クルージングを楽しんだ後、会場のザ・ガーデンオリエンタル大阪に案内された。

 パーティではオーケストラやDJのライブパフォーマンス、ゲッターズ飯田のスペシャル占い、豪華景品の抽選会などさまざまな企画が催された。イベントに協賛した「フレッド」「ウブロ」「タトラス」と阪急メンズ大阪の特設ブースも用意し、商品を展示。予約の取れない大阪・北新地の人気ミシュランシェフ、野口太郎がプロデュースしたスペシャルケータリングがもてなされた。前田陽一郎「レオン」編集長は「大阪は掲載商品の問い合わせが多いエリア。『レオン』を支えてくれている関西の読者に喜んでもらいたいと、15周年パーティはこの地での開催を決めた」と明かし、創刊以来表紙を飾り続けているパンツェッタ・ジローラモは「15年はあっという間。映画『ベンジャミン・バトン』のように、年をとればとるほど若くなっている気がする。50代の方が絶対モテるよ!」と語り、会場を盛り上げた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら