ニュース

「トッド スナイダー」が日本撤退 17年2月末で国内店舗を閉鎖

 TSIホールディングス傘下のアングローバルは、ニューヨークを拠点にするメンズブランド「トッド スナイダー」の国内販売を2016-17年秋冬物を最後に終了する。東京、横浜、大阪、京都に展開してきた国内4店舗も来年2月末で閉める。デザイナーのトッド・スナイダーは、今後しばらくは米国市場でのビジネスに専念する。

 同ブランドは11年秋冬にデビュー。日本ではアングローバルと契約を結び、14年3月に国内販売を開始した。東京・渋谷の明治通りに旗艦店を出したほか、昨年10月の東京コレクションではショーを行った。米国の「トッド スナイダー」は昨年11月にアメリカンイーグルアウトフィッターズに買収され、新体制になっている。12月6日にはNYのマディソンスクエアに旗艦店をオープンする。