ファッション

「スナイデル」の公園を被災地に 売り上げ全額寄付イベント開催

 マッシュホールディングスは11月26日土曜日に、「スナイデル(SNIDEL)」のチャリティーイベント「スナイデル パーク プロジェクト(SNIDEL PARK PROJECT)」を開催する。場所は、東京都千代田区麹町に置く本社内。同社主催で、社屋に顧客招くイベントは初めてになる。25日には家族や取引先、メディア関係者などを招いた。

 「スナイデル パーク プロジェクト」は、「子供たちに最高の笑顔を届ける」をコンセプトに、東北や九州、鳥取の被災地に独自の公園を造り、支援する同社の新しいプロジェクト。「ファッション企業らしい、カラフルで、楽しくて、ワクワクするような、情操教育にも役立つ公園にしたい」と近藤広幸・社長。

 今回のイベントでは、2階フロアで、現在店頭で販売しているのと同じ「スナイデル」の秋冬の新作アイテムや今プロジェクト向けの限定アイテム、秋モノの割引販売、来春モノの新作受注などを行い、販売代金は全て寄付・公園建設に充てる。1階と2階の一部で展開するカフェ&フードコーナーでは、フレッシュドリンクやワインなどに加え、仙台名物の牛タン丼やご当地焼きそばなどの販売なども行う。こちらは、売り上げの半分を寄付する。キッズプレイルームでは輪投げやトートバッグのペインティングなどを実施する。26日には、東北と東京の学生を招き、近藤広幸・社長による講演会も予定している(一般参加なし)。

 公園造りについては、地域や行政などと相談しながら、2年に1つぐらいのペースで設ける予定だ。収益の使用用途は「スナイデル」のホームページで報告していくなど、使い道やプロセスを顧客と共有することで、社会貢献への意識の高まりや、ブランディングにもつなげたい考え。初回は「スナイデル パーク プロジェクト」だが、次回以降は、「マッシュ パーク プロジェクト BY ジェラート ピケ」など、各ブランドのカラーに合った公園を造っていく構想もあるという。

【イベント概要】
11月26日土曜日
一部 11:00-14:00
二部 15:00-19:00
場所:東京都千代田区麹町5-7-1 ダイビル

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら