ニュース

ヘアサロン「ブロック」を展開するモンド社が新アパレルブランド

 渋谷のヘアサロン「ブロック(BLOC)」を運営するモンドコーポレーションは2017年春夏、新たなアパレルブランド「デューフ(DURFE)」をスタートする。ヨーロッパの伝統的な文化から着想したウエアをはじめ、シューズやアクセサリーをそろえる。デビューコレクションでは、モデルの入夏とコラボライン“デューフ コラボレーション フォー イルカ”を発表。販路は、セレクトショップや専門店への卸しの他、オンラインショップでの販売も行う。

 なお、これまで同社はヘアアクセサリーブランドの「ジョエル ガニャール(JOELLE GAGNARD)」をはじめ、ウィメンズアパレルの「フェブ(FEV)」、シューズブランドの「デュルビュイ(DURBY)」などを手掛けてきたが、トータルで提案するブランドを立ち上げるのは今回が初めて。

 商品価格はカットソーが6000~8000円、シャツが1万8000円、ワンピースが1万6000円、ボトムスが1万6800~2万2000円、ジャケットが2万2000円、バッグが1万2000円、シューズが3万4000円、アクセサリーが5000~8000円など。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら