ファッション

「ニューバランス」がトランプ派発言に対しコメント

 ドナルド・トランプ(Donald Trump)が米国大統領に当選後、「ニューバランス(NEW BALANCE)」の広報担当者が彼を支持するような発言をしたとして物議を醸した。多くのトランプ反対派は「ニューバランス」のスニーカーを燃やしたり、ゴミ箱に捨てる動画を投稿し、話題になっている。これに対し、「ニューバランス」はインスタグラムでコメントを発表した。

 発端は、「ウォール・ストリート・ジャーナル(The Wall Street Journal)」のサラ・ジャーマノ(Sara Germano)記者が取材時の広報担当者の発言をまとめたツイートだ。ツイートの中で、広報担当者が「オバマ政権はわれわれの取り組みに一切耳を傾けなかった。トランプ政権では、やっと正しい方向に一歩踏み出せるようになるかもしれない」とコメントしていたと語った。さらに、環太平洋戦略的連携経済協定(TPP)への反対意見を表明するつもりが、企業全体がトランプを支持していると捉えられ、SNS上で炎上した。

 「ニューバランス」はインスタグラムで「ニューバランスは、どのような形であれ、偏見や憎しみを認めない。当社の社員が、貿易協定に関して質問された際の返事が、文脈を無視して解釈されてしまった。アメリカだけでなく、世界中のあらゆる人種や文化、性別、ジェンダーに属する社員を抱える企業として、すべての人間に敬意を表す」とコメントした。投稿して1日が経ち、すでに14万いいね!、600近くのコメントが付いている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら