ファッション

「パテック フィリップ」の時計が世界最高値で落札 世界記録を更新

 「パテック フィリップ(PATEK PHILIPPE)」のステンレススチールウオッチが11月14日、世界で過去最高値の1102万スイスフラン(約11億円)で落札された。

 オークションは、ウオッチオークションハウスのフィリップス(PHILLIPS)とバックス&ルッソ(BACS & RUSSO)が主催し、ジュネーブで行われた。落札されたモデルは1943年に作られたクロノグラフ(ストップウオッチ機能付きの時計)で、永久カレンダーと月相を表示するムーンフェーズを搭載。同モデルは4本のみ存在すると言われている。ステンレススチールの「パテック フィリップ」の希少価値は非常に高く、昨年もステンレススチールのモデルが730万ドル(約7億8110万円)で落札された。

訳・北坂映梨

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら