ファッション

メイシーズの感謝祭パレード、コストは11億〜13億円

 メイシーズ(MACY'S)が毎年サンクスギビングにニューヨークで開催するパレードのコストは、1040万〜1230万ドル(約11億〜13億円)かかるとオンラインクーポンサイトのイーベイツ(EBATES)は分析する。テレビ視聴者5000万人、観客350万人を誇る同イベントは、メイシーズの従業員やパフォーマーの他、巨大バルーンが登場するとして知られている。

 第90回メイシーズ サンクスギビング パレードは11月24日に開催する。ニューヨーク市警察は、ISISからのテロ警告を受け警備体制を強化するという。イーベイツとメイシーズによると、当日メイシーズの従業員4000人以上がボランティアで参列し、パレードの計画・実行には8000人が携わる。ピエロに扮する人が1000人、チアリーダーやダンサー1100人、マーチングバンド12組が参加。また、毎年700種類の衣装が作られる。

 バルーンはチャーリー・ブラウンやスポンジボブ・スクウェアパンツ、ハローキティ、機関車トーマスをはじめとするキャラクターバルーンが17体、その他バルーンが27体が登場する。各バルーンのコストは3万〜10万ドル(約321万〜1070万円)かかると言われ、新規バルーンを出したい企業は19万ドル(約2033万円)払う必要がある。全バルーンのヘリウムガス代は51万ドル(約5457万円)、税金は13万8573ドル(約1482万円)、ロジスティックスは5万1433ドル(約550万円)、本体代は81万〜270万ドル(約8667万〜2億8800万円)に上る。1つのバルーンの中に45〜90キログラムものラメを含むものもある他、ニュージャージー州からニューヨーク州をまたぐリンカーントンネルを通過するために、横幅2.5メートル以内にたためるように設計しなければならない。1つのバルーンの製作にはスケッチから完成まで4〜9カ月かかるという。

訳 北坂映梨

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら