ファッション

“お先真っ暗” トランプ勝利にファッション関係者から落胆の声

 アメリカで11月9日に開票された大統領選挙で共和党のドナルド・トランプ候補が勝利したことを受け、SNS上でファッション関係者から驚きと落胆の声が上がっている。ファッション業界では国籍を問わず、ヒラリー・クリントン民主党候補をサポートする人が多かった。結果を知ったデザイナーたちは“お先真っ暗”を表す黒い画面や、頭を抱える自由の女神など、さまざまなビジュアルをインスタグラムに投稿し、アメリカの未来への危惧を表した。

 その一方で、マーク・ジェイコブスをはじめとするアメリカ人デザイナーの多くは選挙期間中、ヒラリーへの支持を表明すると共にフォロワーにも投票を促すコメントを数多く投稿していたが、トランプ候補の当選が確実になってからは投稿がピタリと止まっている。SNS上で自身の思想や意見をオープンに主張することの多い彼らが選挙の結果に対し沈黙を守っていることから、そのショックの大きさが窺える。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。