ファッション

リチャード・ニコルが38歳で死去

 オーストラリア人デザイナーのリチャード・ニコル(Richard Nicoll)が10月21日、38歳で死去した。報道によると、早朝に病院に搬送され、心臓発作を起こしたという。

 ニコルは2002年にセント・マーチン美術大学を卒業し、05年に自身のブランド「リチャード ニコル(RICHARD NICOLL)」をロンドンでスタートした。08年にANDAMファッション・アワードを受賞。09〜11年、「チェルッティ(CERRUTI)」のウィメンズ・クリエイティブ・ディレクター、14〜15年、英ヤングカジュアルブランド「ジャック ウィルズ(JACK WILLS)」のクリエイティブ・ディレクターを務めた。フリーランスプロジェクトに集中するため、14年末に「リチャード ニコル」を終了した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら