ファッション

リチャード・ニコルが38歳で死去

 オーストラリア人デザイナーのリチャード・ニコル(Richard Nicoll)が10月21日、38歳で死去した。報道によると、早朝に病院に搬送され、心臓発作を起こしたという。

 ニコルは2002年にセント・マーチン美術大学を卒業し、05年に自身のブランド「リチャード ニコル(RICHARD NICOLL)」をロンドンでスタートした。08年にANDAMファッション・アワードを受賞。09〜11年、「チェルッティ(CERRUTI)」のウィメンズ・クリエイティブ・ディレクター、14〜15年、英ヤングカジュアルブランド「ジャック ウィルズ(JACK WILLS)」のクリエイティブ・ディレクターを務めた。フリーランスプロジェクトに集中するため、14年末に「リチャード ニコル」を終了した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら