ファッション

「アプワイザー・リッシェ」が香港に2店舗オープン 海外事業を強化 

 アルページュは9月16日、香港のショッピングモール、ハイサンプレイスとミラマー・ショッピング・センターに「アプワイザー・リッシェ(APUWEISER-RICHE)」を同時出店する。香港での「アプワイザー・リッシェ」は、日本の複合業態「アルページュ・ストーリー」と同じ商品構成で、アルページュが展開する「ジャスグリッティー(JUSGLITTY)」と「リランドチュール(RIRANDTURE)」「マイストラーダ(MYSTRADA)」の全4ブランドを販売する。ミラマー・ショッピング・センター店は1階に新規出店し、ハイサンプレイス店は昨年オープンした「アルページュ・ストーリー」の屋号を変えてリニューアルする。それぞれの店舗面積は、約66平方メートル。

 桶田俊二アルページュ社長は、「われわれの海外1号店として、複合ショップ『アルページュ・ストーリー』をハイサンプレイスにオープンし、初年度の売上高は、目標額40%増の1億3500万円と好調だ。日本では客単価2万円くらいでも、香港では10万円とまとめ買いするお客さまも増え、商品の価値を理解してくれているようだ。今後は、香港や中国で知名度の高い『アプワイザー・リッシェ』の名前を屋号にし、インターナショナル・ブランドとして成長できるよう知名度を高めていきたい」と期待する。将来的には、香港にもう一店舗、上海に3店舗の出店を視野に入れる。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら