ファッション

「ヨシキモノ」2016年春夏東京ファッション・ウイーク

REPORT

革新の音楽家YOSHIKIが提案する革新の和装
X JAPANのYOSHIKIによる着物ブランド「ヨシキモノ(YOSHIKIMONO)」が、メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク東京の大トリとして、ランウエイショーを開催した。YOSHIKIは、実は呉服屋の子ども。海外で活動するようになって、日本の伝統文化に強く惹かれるようになり、伝統を大切にしながら、そこからかけ離れた表現をすべく、ブランドを立ち上げたという。

X JAPANの代表曲「フォーエバー ラブ」が流れる会場中央には、透明のピアノ。花魁のように着物を着崩した女性、反対に正統派の和装姿の淑女、YOSHIKIのファンであろう黒ずくめの男女、それに多数の外国人が見守る中、和太鼓が打ち鳴らされ、ショーは始まった。

YOSHIKIはまるでローブのような羽織り姿。ただその羽織りは打ち掛けのように長く、しかもレザーのバングルなどと組み合わせている。足元は、バックルが幾重にも連なったレザーブーツ。このフリーダムな和装姿が、「ヨシキモノ」のようだ。

和装の自由な解釈は、多岐に及んでいる。例えば柄は、花鳥風月のみならず、ヒョウ柄が頻繁に現れ、時には弾痕まで帯に。その帯には、砂糖菓子のような金や銀のベールを飾ったり、ブラッディーレッドのクロコの型押しレザーを使ったり。着丈も床に引きずるロングから、セクシーな網タイツが覗くミニまでバリエーション豊かだ。また、和装に合わせるアクセサリーも、シルバーのスカルペンダントからフェティッシュなエナメルのサイハイブーツまで。確かに「伝統とはかけ離れた」表現だ。

コレクションについては、賛否両論あるだろう。伝統を重んじる人は、時に夜の匂いを感じる和装に眉をひそめるかもしれない。しかし彼は、ビジュアルを含めた音楽表現で一時代を築いた人物。彼による新たな着物は、柔軟に考えるべきかもしれない。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら