ビジネス

ポーラ・オルビスHDの16年1〜6月期は増収増益 「ポーラ」「THREE」「ディセンシア」がけん引

 ポーラ・オルビスホールディングスの2016年1〜6月期連結決算は、売上高が主力ブランドの「ポーラ」や育成ブランドの「THREE」「ディセンシア」の売り上げ増加により前年比107.2%の1069億5700万円となった。営業利益は同131.5%の121億5000万円、経常利益が同116.4%の112億5800万円。純利益は、「オルビス」の韓国事業撤退に伴う特別利益の計上などにより、同135.7%の82億6400万円だった。

 事業部別の売上高は、ビューティケア事業が同106.7%で993億4300万円、不動産事業が同104.5%で15億1700万円、その他が同117.3%で60億9600万円だった。ビューティケア事業は、「ポーラ」から日中用クリーム「B.A プロテクター」の発売やエステメニューをフルリニューアルといった積極的な新製品発売や販売促進によりお客が順調に増加。また、美容健康食品や化粧品を中心にインバウンドの売り上げが拡大したことも加わり、「ポーラ」は前年を上回る結果を残した。「オルビス」は、美白とエイジングがかなう「オルビスユー ホワイト」を発売したことに加え、ポイント施策やSNSを活用したコミュニケーションの強化を行い、客数が増加。「THREE」は、新店と既存店ともに好調で約50%増収、「ディセンシア」は顧客数が順調に拡大し約70%の増収となった。両ブランドとも2桁の営業利益率を出せる事業に成長した。

 16年12月期の連結売上高は、同103.8%の2230億円、営業利益が115.5%の260億円、
経常利益が113.2%の253億円、純利益が122%の172億円を見込んでいる。

中出若菜

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら