ファッション

「グッチ DIY」プログラム第2弾は、ウエアやシューズをカスタマイズ

 「グッチ(GUCCI)」は、「GUCCI DIY(Do It Yourself)」プログラムの第2弾を発表した。第1弾のハンドバッグに続く今回は、メンズウエアやユニセックスのジャケット、メンズとウィメンズのシューズがカスタマイズ可能なアイテムが対象になる。

 メンズウエアは、フルキャンバス仕様にしたジャケットやブレザー、タキシード、コートなどに生地やボタン、イニシャルのレタリングをカスタマイズすることができる。また、同プログラム用に、ユニセックスのシルク素材のボンバージャケットや日本製デニムのジャケットが加わった。ウエアは、アイテムによって異なるが、生地やカラーバリエーション問わず、レタリングパッチや、「グッチ」のシンボルモチーフであるキングスネークやフラワー、ハチなどのパッチや刺しゅうを施すことができる。シューズは、「グッチ」のスニーカー"エース"のイニシャル刺しゅうや、スリッパタイプのシューズのホースビットやイニシャルスタンプなどを選択可能だ。なお、DIYプログラムで提供されるシューズは全て、スペシャルデザインのパッケージが付き、メンズの"ニュー シグノリア"はシューキーパーが付属する。

 すでに、ミラノ・モンテナポレーネ通りにある旗艦店では、この第2弾プログラムを実施中で、日本では11月を予定している。

【関連記事】
「グッチ」から新たにバッグのカスタムサービス 刺しゅうや色を自由に選択可能

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら