ファッション

水着姿でコロナビールと音楽を堪能するビーチフェスが沖縄で開催

 コロナ・エキストラの国内販売を行うモルソン・クアーズ・ジャパンは7月2〜3日、野外フェス「コロナ サンセット フェスティバル(CORONA SUNSETS FESTIVAL)」を沖縄・美らSUNビーチで開催した。出演アーティストは、モダン・ファンクの伝道師とも呼ばれるデイム・ファンク(Dam Funk)やプロ・サーファー兼ミュージシャンのドノヴァン・フランケンレイター(Donavon Frankenreiter)、レンノ(LENNO)、ピロートーク(Pillow Talk)などの海外アーティストをはじめ、ウーア(UA)や平井大ら国内外の14組のアーティストが登場した。また、高橋愛やIMALU、AMIAYA、Erie、湊ジュリアナ、木下ココ、ROXYガールズ、ラッパーのANARCHYらが来場し、会場ではフォトグラファーの新田桂一率いるKeiichi Nitta Studioによるスナップ撮影も行われるなど、南国の会場をさらにヒートアップさせた。

 ビーチでのフェスということもあり、来場者の多くはショートパンツにタンクトップやTシャツ、サンダルなどのシンプルなスタイルだが、このフェスならではのファッションでもある水着ガールの姿にも視線が集まっていた。また、会場では、同フェスオリジナルTシャツやLA発のスニーカーショップ「アンディフィーテッド(UNDEFEATED)」とコラボしたTシャツを販売。場内に設けられたワークショップエリアでは、Tシャツの裾をフリンジに加工したり、袖を切りっぱなしのカットオフにするアレンジを楽しむことができた。

 「コロナ サンセット ミュージック フェスティバル」は、2014年にスペイン・イビザ島でスタート。イギリスやオーストラリア、メキシコなど世界各地で開催し、開放感溢れるビーチでサンセットを眺めつつ、極上の音楽とコロナを堪能することができるリゾート感覚の野外フェスだ。日本では15年9月に沖縄で初開催し、約7000人の観客を動員した。2回目の今年は、8000人以上が押し寄せた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。