ファッション

冬の都会で屋外サウナ体験 「コロナ ウィンター サウナ」を開催

 コロナ・エキストラビールを展開するアンハイザー・ブッシュ・インベブ ジャパン(ANHEUSER-BUSCH INBEV JAPAN)は12月9、10日、アウトドアサウナイベント「コロナ ウィンター サウナ(CORONA WINTER SAUNA)」を下北沢ケージで開催する。同イベントは、コロナが提案する「コロナ ウィンター エスケープ(CORONA WINTER ESCAPE)」と名づけた冬を楽しむイベントの第1弾企画だ。公式サイトではスペシャルムービーも公開している。

 「コロナ ウィンター サウナ」は、下北沢の屋外に設置されたテントでロウリュを体験できる。ロウリュとは、高温に熱したサウナストーンに水をかけて水蒸気を発生させるフィンランド発祥のサウナだ。日時指定の完全招待制となっており、公式サイトよりエントリーした中から抽選を行い、当選した180人が招待される。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら