ファッション

原由美子スタイリストが綴った ファッションと雑誌に捧げた40余年の軌跡

 日本の“スタイリスト第一人者”として知られる原由美子は、自身のことをまとめた大著「原由美子の仕事1970→」(ブックマン社刊/全384ページ・3800円)を出版した。

 ファッションと雑誌に捧げた40余年の軌跡を綴った同書には、彼女が手掛けたスタイリング400点を厳選収録している。また、「アンアン」や「クロワッサン」「エルジャポン」の創刊に立ち合った頃の思い出や、長期に渡って見続けたパリコレクションでの出来事など、これまで携わってきた仕事について当時のエピソードと共にまとめている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら