ファッション

マーク ジェイコブス ジャパンが公式オンラインストアを開設

 マーク ジェイコブス ジャパンは3月3日午前10時、日本初となる公式オンラインストアをオープンする。同サイトでは、「マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)」「マーク バイ マーク ジェイコブス(MARC BY MARC JACOBS)」の2ブランドのアイテムを中心に扱う。ウエア、バッグ、革小物、シューズ、ウォッチ、フレグランス、アイウエアのほか、キッズライン「LITTLE MARC JACOBS」、書籍を扱う「BOOKMARC」をラインアップする予定だ。

  

 同サイトでは、ストア機能以外にも、ユーザーがSNS上でブランドに関する情報を投稿できるコーナーのほか、デザイナー情報、コレクション情報などを掲載。3月14日23時59分までの期間には、メールマガジン登録者を対象に商品が当たるオープニングキャンペーンを実施している。

  

 これまでにもオムニチャネル戦略を推し進めてきた同社は、現在国内で85店舗を運営するほか、「ZOZOVILLA」などのオンライン通販でも商品を販売中。今回オープンする公式オンラインストアについては、「ブランド体験とお客様にとっての利便性を同時に追求し、お客様と接する全てのタッチポイントにおいて価格を創造するバリューチェーン上の中核的な役割を担う」としている。

 

?

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら