ニュース

H&Mがマドモアゼル・ユリアをキャンペーンモデルに起用

 「H&M」は、4月初旬に開始する新キャンペーン「H&M??MUSIC」のグローバルキャンペーンモデルに唯一のアジア人モデルとしてマドモアゼル・ユリアを起用した。DJ兼モデルのケイト・アンダーウッド、DJ兼ラジオホストのエクレア・フィフィ、アーティストのドリーム・コアラらとともに世界の「H&M」店舗に飾るウィンドウディスプレーやポスターに登場する。日本では4月4日、キャンペーンヴィジュアルを各店舗で公開予定だ。

 2パートに分けて実施する「H&M??MUSIC」のコレクション第1弾のテーマは「Prepare for dance floor(ダンスフロアへの準備)」。夜のダンスフロアで目を引くようなアイテムを揃え、国内全店舗では、マドモアゼル・ユリアが選んだアイテムに"マドモアゼル・ユリア セレクション"のタグを付けて並べる。また、原宿店、渋谷店、戎橋店、名古屋松坂屋店では、マドモアゼル・ユリアがスタイリングしたコーディネートをウィンドウに展示する。

 H&M原宿店では4日午後8時、マドモアゼル・ユリアの巨大壁面広告を公開。マドモアゼル・ユリア本人が来店し、パフォーマンスを行なうほか、キャンペーモデル就任を祝した「25% ショッピング パーティー」を実施する。H&MのモバイルサイトやオフィシャルSNSアカウントで配布するインヴィテーションリンクをエントランスで提示することで参加可能だ。