ニュース

「カンペール」が「99%IS-」、ゴーシャ・ラブチンスキーとコラボ 伊勢丹メンズで販売

 「カンペール(CAMPER)」は11月11〜17日の間、伊勢丹新宿店メンズ館地下1階のシューズ売り場で、デザイナーとの特別コラボレーション「カンペール・トゥギャザー」の2つのコラボ商品と、2015-16年秋冬コレクションの"フィス(FISS)"を販売する。

 「カンペール・トゥギャザー」からは、バジョウ「ナインティナインパーセントイズ(99%IS-)」デザイナーと、ゴーシャ・ラブチンスキーが手掛ける2つのコラボラインを販売する。バジョウとのコラボでは、「カンペール」のアイコンシューズである"ぺロータス"をベースに、黒のレザーで出来たクリーパースタイルのシューズと、ブーツを展開する。価格はシューズ3万円、ブーツ3万8000円。ゴーシャ・ラブチンスキーとのコラボでは、1980年代のアイコンシューズである"ランナー"をベースに、ロシアのスケーターカルチャーからインスピレーションを受けて作った、ローカットとハイカットのスニーカーをそろえる。価格はローカット2万5000円、ハイカット2万7000円。

"フィス"は、90年代に流行ったボンディングのスキージャケットからインスピレーションを受けたシューズで、ブーツ、ローカットシューズなど多様なコレクションがそろう。価格帯は約2万1000円〜2万7000円。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら