ファッション

【海外のバイヤー&記者が見た東京 Part2】”メンズブランドには高評価、ウィメンズは研究の余地あり”

 2014-15年秋冬「メルセデス・ベンツ ファッション・ウィーク 東京」(MBFWT)には、海外からバイヤーやジャーナリストが多数来日した。「WWD JAPAN.com」では主要な3人にコメントを求めた。彼らに共通しているのは、メンズブランドへの高評価。一方、ファッションショーと展示会をバラバラの日程で行なっている現状や、英語がなかなか通じないことなど、東京の課題点も浮き彫りになっている。アジア地域で急速に影響力を強めるシンガポールと比較し「東京は、戦略性が低いのでは」という辛辣な意見もあった。

ニック・ウースター/ ファッション・ディレクター

 「ヨシオ クボ(YOSHIO KUBO)」が一番良かった。 「ミスター・ジェントルマン(MR.GENTLEMAN)」「ナインティナインパーセントイズ(99%IS-)」も洗練されており、総じてメンズブランドが充実している。 ウィメンズでも良いブランドがあったものの、素材の組み合わせやチョイスがアンバランスに見えた。素材そのものはクオリティが高い。しかし、(縫製を含め)フィニッシュに至るまでの研究をしてほしい。デザインや形状は、欧州の若手デザイナーと遜色がないので、 あとは細部の研究だと思う。演出でいえば、全体的に照明が暗い。あれでは服が見えないし、カメラマンもうまく撮れない。また、ショーと展示会の日程が離れているので、ここも課題なのでは。

【海外のバイヤー&記者が見た東京 Part1】"才能溢れるデザイナーは多いが、ビジネスにつなげる語学力が必要"

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら