ファッション

武井咲がトップバッターで「ガールズアワード2016年春夏」開幕 菜々緒や瀧本美織らがロマンチック・ボヘミアンを披露

 ファッション&音楽イベントの「ガールズアワード(GirlsAward 2016 SPRING / SUMMER)」が4月9日、国立代々木競技場第一体育館で開催中だ。13回目を迎える今回、100人以上のモデルが21ブランドのステージに出演し、10数組のアーティストによるライブステージを行う。

 オープニングの「ギルド プライム(GUILD PRIME)」のステージでトップを飾ったのはガールズイベント初ランウエイとなる女優の武井咲。リボンモチーフがロマンチックなフリルブラウスとショートパンツにIラインの際立つベストコートを合わせ、クールなウォーキングで会場を沸かせた。ラストに登場した菜々緒は、シャンパンゴールドとサックスブルーの切り替えしが映えるスカジャンを主役にしたスタイルで観客の視線を集めた。「虎や背中の刺しゅうで表現したジャポニスムも最近のお気に入り。レディーライクなワンピースにメンズライクな要素を取り入れるのが今の気分に合っている」とステージを振り返る。次の「ベルシュカ(BERSHKA)でも、瀧本美織や筧美和子らがオフショルダーのワンピースを取り入れたロマンチックなボヘミアンスタイルを披露して続いた。

 一方のライブステージには乃木坂46や欅坂46が出演したほか、このあとEXILE HIROとDJ MAKIDAI、VERBALらによるクリエイティブ集団PKCZ(R)がライブを繰り広げる。4月23日公開の映画「アイアムアヒーロー」のスペシャルステージでは、主演の大泉洋と有村架純、長澤まさみが登場した。ファッション雑誌とのコラボレーションでは「ノンノ(non-no)」と「メンズノンノ(MEN'S NON-NO)」、「ナイロンジャパン(NYLON JAPAN)」によるステージを行った他、ファッションレンタルサービス「エアクローゼット(AIRCLOSET)」が初ランウエイを試みる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら