ファッション

「ミスター・ジェントルマン」2014-15年秋冬 ミックス感覚を楽しむ東京流ジェンツ

 「ミスター・ジェントルマン(MR.GENTLEMAN)」が初の単独ショーを開催した。アシャンティ(ASHANTI)の名曲「フーリッシュ(FOOLISH)」でスタートしたコレクションは、東京ならではのミックス感覚を存分に発揮したリアルジェンツ。ハイブリッドとレイヤードを駆使し、トラッドとスポーツ、ストリート、ミリタリーの掛け合わせを楽しんだ。

 例えば、ツイードのジャケットにはダウンジレのディテールをハイブリッド。対してMA-1にはテーラードのラペルをプラス。端正なテーラードをストリートに崩す一方で、スポーティなスタイルにはキレイめなこなしを加えている。

 序盤のキーアイテムはジャンプスーツ。ゆるいシルエットでかわいくまとめるだけでなく、テーラードテクニックで品良く仕立てたり、キルティングダウンでスポーティにまとめたりと、アイデア豊富にラインアップ。ダウンは、このほかにもタートルネックやライダースのディテールでインナーに盛り込むことで、レイヤードに抑揚をつけた。

 ラストは、ハリのあるレザーのブルゾンとタイトなダメージデニムでぐっと大人のムードに。ハウンドトゥースと迷彩を重ねたモチーフと、マスタードイエローがアクセントだ。トレンドのビックボリュームコートを始め、見た目にも温かいアウターは今季も豊作。メンズの王道ディテールを巧みに掛け合わせ、「今すぐ着たい」と思わせてくれるレイヤードを提案した。

ミスター・ジェントルマン 2014-15年秋冬 全ルック

2014-15年秋冬東京・コレクション関連記事

2014-15年秋冬東京・コレクション特集ページ

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら