ニュース

イーキン・イン「レオナール」クリエイティブ・ディレクターが退任

 イーキン・イン(Yiqing Yin)「レオナール(LEONARD)」クリエイティブ・ディレクターが12月4日、退任した。レオナールは2014年1月に中国人のインをクリエイティブ・ディレクターに迎え入れ、2年間の契約を交わした。今回契約を更新しなかったのは両者の合意によるものだという。なお、後任は決まっていない。

 自身のオートクチュールブランド「イーキン イン(YIQING YIN)」も手掛けるインは「自分のブランドに集中したい。ブランドを始めた当初のように実験的な試みや、よりクリエイティブなものを手掛けたい」と語った。繊細なディテールを得意とする彼女だが、近年のオーバーワークが原因で精度が落ちているという。彼女は「レオナール」のシグニチャープリントを立体的に構築したり、彼女のトレードマークでもあるドレープシルエットを多く起用したことでブランドのモダン化を図った。

 ナタリー・トリブイヤール・シャッサン(Natalie Tribouillard-Chassaing)=レオナール マネジング ディレクターはインのクチュールライクなクリエイションはディテールが細かすぎたり、高価格になってしまうために店舗には出せなかったという。「われわれはインをとても気に入っていた。しかし彼女の多忙なスケジュールを考慮し、今回は契約を更新しないという結論に至った」とコメントした。また、今後は実際に売れる、商品ベースのコレクションを手掛けられるコレクションディレクターを採用する方針だと加えた。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら