ファッション

「ルイ・ヴィトン」がパリで展覧会を開催

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は12月3日〜2016年2月21日、パリのグラン・パレで「空へ、海へ、彼方へ—ルイ・ヴィトン」展を開催している。

 同展では、パリ・モード美術館館長のオリヴィエ・サイヤールをキュレーターに迎え、メゾン創業から未来を担う人々の姿を通じ、1854年から現在にいたる「ルイ・ヴィトン」の軌跡を辿るもの。9つのチャプターで構成される旅物語の形式となっている。

 また、過去のアーカイブから厳選されたオブジェクトやドキュメントと並んで、パリ ガリエラ宮・モード&コスチューム博物館から貸与されたアイテムや、民間や個人の所有物も展示される前例のない展覧会だ。

 中でも必見は、パリで展示されるのは初めてとなる、フランスの画家ギュスターヴ・クールベの作品「フラジェの樫の木」だ。入場は無料。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら