ビジネス

インディテックス2015年度売上高は2兆6125億円 積極出店により15%の増収

 「ザラ(ZARA)」「ベルシュカ(BERSHKA)」を手掛けるインディテックスの2015年度売上高は前年比115%の209億ユーロ(約2兆6125億円)、EBITDA(金利、税金および減償却前利益)が同114%の46億9900万ユーロ(約5873億7500万円)、純利益が同114%の28億7500万ユーロ(約3593億7500万円)だった。

 56市場で330店舗を新規に開店し、既存店売上高では前年比108.5%を確保したことが増収要因。なお同社は15年に海外展開および流通設備とスペインのデザインセンターの刷新のため15億2000万ユーロ(約1900億円)を投資している。パブロ・イスラ=インディテックス会長は「決算の結果はわが社のポテンシャルを示すもので、この数字は品質と従業員の貢献によって押し上げられている」と話している。

本文中の円換算レート:1ユーロ=125円

【関連記事】
H&Mの2015年度の売上高は19%増の約2兆9388億円 積極的な出店続く

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら