ビューティ
連載 エディターズレター:BEAUTY ADDICT 第62回

シズル師ってなんだ??

有料会員限定記事

出だしから告知となりますが、6月24日号の「WWDBEAUTY」は2024年上半期ベストコスメ特集をお届けします。先日2日間にわたって受賞商品の撮影をしたのですが、そこでのカメラマンとの会話でシズル師という職業があることを初めて知りました。シズル師とは、コップや缶などの飲料を撮影する際に、おいしさや新鮮さ、みずみずしさを表現する水滴を作り出すプロフェッショナルな人のことです。飲料の撮影の際にグラスにつたうシズルについて「今あるシズルをなくして、その何cm先につけてほしい」というカメラマンの要望をかなえるといいます。

ニッチであろうシズル師を知る機会が少なく、どういう人が職業とするのか気になりカメラマンに聞いてみると「カメラアシスタントからシズル師になった人が数人いる」とのこと。撮影現場でシズル師の仕事ぶりをみて興味が湧いて転職するケースもあるそうです。Google先生(笑)に尋ねると、シズル作りを専門とする企業を発見!その企業ではシズルコーディネーターと呼称し、「『おいしそう=シズル』をつくり出すスペシャリストとして、その商品の持つ魅力を最大限に引き出すお手伝いをします」と紹介がありました。フードコーディネーターを兼ねている人もいることが分かりました。

この続きを読むには…
残り613⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。