ファッション

「ポーター」の“タンカー”が生まれ変わった理由 「50年、100年後も作り続けるために」

ポーター(PORTER)」はこのほど、ブランドを代表するトラベルシリーズ“タンカー(TANKER)”を刷新した。ヘルメットバッグ(7万2600円)やダッフルバッグ(9万9000円)など全40型を販売中だ。価格帯は2万5300〜13万2000円。

旧作と大きく異なるのは素材使いで、東レが製造する「エコディアN510」を採用する。これは従来の石油由来ではなく、トウモロコシとヒマを原料とする100%植物由来のナイロン糸になる。同社と吉田が協業した結果、世界で初めて量産化に成功した。

「ポーター」を展開する吉田カバンの広報担当者は、今回のアップデートについて「1983年誕生の“タンカー”は昨年で40周年を迎えた。従来、ナイロンは石油を原料とているが、石油は資源が有限。50年、100年後も同アイテムをブランドのレガシーとして作り続けていく上で、使用素材を切り替える決意をした」とコメントしている。

これまでの“タンカー”は実店舗でポーターストアを含む500弱の店舗(コーナー含む)で購入可能だったのに対し、新作は34店舗のみの取り扱いになっており、卸先は群馬県のエスティーカンパニー(ST COMPANY)、富山県のカーネーション(CARNATION)、熊本県のアートワーク(ARTWORK)の3セレクトショップに限定している。「素材を変更した分、価格を上乗せせざるを得なかった実情がある。『ポーター』の思いも含めて、開発背景についてしっかりとお客様に伝えてくれるお店を卸先に選ばせていただいた」(同社広報)。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。