ファッション
特集 全国各地の名物セレクトショップ 第4回 / 全19回

東京からわざわざ通う客多数 創業45年超の桐生の名店【群馬・エスティーカンパニー】

有料会員限定記事

PROFILE: (写真前列左)環敏夫/エスティーカンパニー社長

(写真前列左)環敏夫/エスティーカンパニー社長
PROFILE: (たまき・としお)1949年生まれ、群馬・桐生出身。アイビーでファッションに目覚め、78年に自身の店「イソップ」を桐生にオープン。その後、DCブランドのフランチャイズ運営などを含め、高崎、前橋などに多店舗展開した時代を経て、現在はセレクトショップ「エスティーカンパニー」を桐生と高崎で運営。現在74歳の環社長を“ファッション業界のお父さん”として慕うデザイナーや業界関係者は多い

群馬/ST company

「あの店にうちのブランドを扱ってもらいたい」。そう願うデザイナーも多いのが、群馬・桐生の「エスティーカンパニー」だ。ファッション業界ではよく知られた名店で、他都市の個店セレクトショップが「運営手法を参考にしたい」と訪れるケースも多い。渋谷パルコや伊勢丹新宿本店も、「一緒にイベントがしたい」と同店にラブコールを送る。同店を率いているのは環敏夫社長。品ぞろえやモダンな内装はもちろん同店の魅力の1つだが、環社長の温かい人柄やスタッフたちの作るアットホームな雰囲気、親密な接客に惹かれて、首都圏や信越地域からも同店に通う客は多い。(この記事は「WWDJAPAN」2024年2月12日号からの抜粋です)

「洋服屋の未来を作りたい」

取材に訪れた平日午後、まさにそうした客の1人と遭遇した。クリエイティブ企業に勤める東京在住の男性で、数年前に同店を知って以来、月1回以上のペースで通いつめているという。「東京の店にも同じ商品は売っているが、ここの販売員さんは予想を超える提案をしてくれる。こんな店は他にない」と惚れ込んでいる。

この続きを読むには…
残り1149⽂字, 画像17枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。