ビジネス

阪急本店も「売上高4000億円」ぶち上げ カギは海外富裕層との関係深化

有料会員限定記事

エイチ・ツー・オー リテイリングは15日、2027年3月期を最終年度とする新中期経営計画を発表した。目標値として総額売上高1兆2360億円(24年3月期は1兆739億円)、営業利益320億円(同262億円)を掲げた。成長のドライブはインバウンドを追い風に好調の百貨店事業で、中でも「海外富裕層ビジネス」の拡大が焦点。旗艦店の阪急本店の売上高は4000億円(同3140億円)をマイルストーンにする。

海外富裕層売上高と
VIP会員数を3倍に

都心部の店舗では、円安を追い風に訪日客による記録的な好況が続いている。阪急本店の免税売上高は、同店の売上高全体のおよそ2割に相当する638億円に達した。ただ、為替変動などにより潮目が大きく変わるリスクもある中では、現状のバブルの恩恵を受けるばかりでなく、優良顧客といかに長く太い関係を作るかが重要になる。

この続きを読むには…
残り674⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。