ファッション

「N.ハリウッド」が「ラングラー」とコラボ デニムジャケットとジーンズを制作

N.ハリウッド(N.HOOLYWOOD)」は3月16日、「ラングラー(WRANGLER)」とコラボアイテムを発売する。「ミスターハリウッド」各店、「N.ハリウッド」直営店および公式オンライン、ゾゾヴィラで販売する。

アイテムは、「N.ハリウッド」の尾花大輔デザイナーが所有する「ラングラー」のビンテージモデルをもとに、デニムジャケット(6万6000円)とジーンズ(4万4000円)を制作。ジャケットは、「ラングラー」を代表する“126MJ”を土台とし、長めの襟や太いアーム部分は当時のディテールを再現した。そのほか襟裏のネームタグや、ペンホールを開けた胸ポケットのフラップ、真ん中のみ異なる色を使った3本ステッチなど、「ラングラー」独自のスペックも備える。ジーンズ(4万4000円)は、「ラングラー」の定番である“936 SLIM FIT”をもとに、ストレートシルエットで股上を浅めに仕上げた。また2本針の巻き縫いのサイドシームや、内側のインターロック縫製、フラットリベットなど、細部まで特徴を再現。ともに「ラングラー」オリジナルのブロークンデニムの12.8オンスを用い、経年変化や色落ち、ダメージを施したほか、「N.ハリウッド」のブランドネームをあしらった。

「ラングラー」は、アメリカ開拓時代に始まったワークウエアブランドにルーツを持ち、1947年にカウボーイ向けのデニムブランドとして誕生した、アメリカを代表する老舗ブランド。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。