ファッション
連載 木村麗のInstagram攻略法 第6回

魅力的なアカウントページを作るには?【木村麗インスタ連載 vol.6】

有料会員限定記事

木村麗

木村麗(きむら・うらら)/ヴィジュアル・アドバイザー プロフィール

1981年生まれ、東京都出身。アパレル販売員を経て、2011年にF.F.B.に入社。SNSの撮影・編集・投稿のコンサルティングをスタート。「誰でも、センスがなくても良い写真が時短で簡単に撮れるようになる」がモットー。F.F.B.は画像加工アプリ「UUULA」、解析ツール「UUULA ANALYTICS」を提供

販売員出身で「誰でもハイクオリティーな写真が撮れる」をモットーに活動するヴィジュアル・アドバイザーの木村麗さんが、主にファッション&ビューティの販売員に「すぐに使える&誰でもできる」インスタグラム攻略法を伝授します。(この記事は「WWDJAPAN」2024年1月8日号からの抜粋です)

飽きさせたら負け、気にならせたら勝ち

皆さん、あけましておめでとうございます。今年も旬なお役立ち情報やノウハウをお届けしていきますのでよろしくお願いします!新年1回目は、魅力的なアカウントページの作り方のコツ(方法)についてお話ししたいと思います。

インスタグラムで投稿を始めると、新機能やバズりやすいと言われるリールを1、2本あげただけでは、継続的なフォロワー増加やアクションにはつながりにくいことに気づくと思います。ユーザーからの反応をしっかりと上げていくには、継続的かつ定期的な発信が必要になります。新規のユーザーがあなたのアカウントを訪れ、魅力的で、何か気になる、知りたくなる、などの興味をひくアカウントページになるためには、1つの投稿だけ頑張っても意味はなく、気になってもらえるような要素をちりばめておく必要があります。では、どういったアカウントを目指せばいいのでしょうか?

魅力的なアカウントページとは?

魅力的なアカウントであるための、心構えその1は、やはり「発信力があり情報の充実さが一目で分かるアカウントであること」です。皆さんもいろいろなアカウントをフォローしているかと思いますが、フォローする=「そのアカウントの何かしらに興味を持ったから」ですよね?しかしせっかくフォローしたアカウントが、待っても待っても発信してこなければ、期待値は下がる一方になり、最後には忘れられてしまいます。つまり、発信側として意識しなければならないことは、「フォロワーは常に発信を待っている」ということ。だからこそ、常に「飽きさせたら負け、気にならせたら勝ち」なのです。

一方で、商品などを丁寧に説明したり伝えなければならないという投稿をしがちですが、インスタ上では全て律儀に伝える/見せることは、飽きることにつながったり、宣伝感が強めにでてしまったりしてしまいます。ユーザーは気になったら自分で調べたいのです。なので時には画像もテキストも丁寧に説明しない方がコメントにつながりアクションが増えると思います。

この続きを読むには…
残り1776⽂字, 画像2枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。